mii lifestyle

フランスが大好きな30歳の毎日を綴ります

MENU

よよ出産の記録③〜愛和病院の計画無痛分娩レポ:入院したお部屋と病院でいただいたもの〜

今回は入院したお部屋と病院でいただいたもののレポートになります。

 

私はカジュアルコースという個室よりお安い3人部屋を選んでいました。普通の病院のようにカーテンで仕切られた大部屋です。

 

ベッドと冷蔵庫、机と椅子があります。会陰切開の傷が痛かったので、円座がとてもありがたかったです。これと同じタイプが欲しいと思いましたが、医療用のようで入手できませんでした。

 

画像が荒くなってしまいましたが、机の横にはクローゼットがあります。授乳クッションが入っていました。また、入院服はクリーム色とピンク色があり、洗濯してくれるので、毎日清潔なものを着ることができます。

 

この中には入院中に使えるものが入っています。

とてもありがたいです。

 

お尻拭きと洗浄綿・母乳パッド・粉ミルクがもらえます。粉ミルクはE赤ちゃんとアイクレオでした。私は混合→完母を経て完ミになりましたが、今でも家ではE赤ちゃんを、外出時の液体ミルクとしてはアイクレオを使用しています。

 

E赤ちゃんは日本で主に使用されている粉ミルクの中で唯一、全ての牛乳タンパク質を少し細かく分解したペプチドにしています。消化によいのです。息子は吐き戻しが多かったこともありこれが最適だと思いました。

他にも母乳に近づけるために3種類のオリゴ糖ラクトフェリンDHA・アラキドン酸を含むなど栄養バランスも考えられています。また、他のメーカーよりも粉が溶け安いので使いやすかったです。

難点としては味が美味しくない・価格が高めという点が挙げられるでしょうか。息子は問題なく飲んでくれていました。

 

 

話を戻します。

コロナ禍の入院で面会はできなかったのでこのような品をいただきました。

 

 

3人部屋の奥には共用スペースがあります。こちらの水道は授乳関係でのみ使用できます。歯磨きは外のお手洗いか、お風呂のあるスペースで行います。

 

哺乳瓶とブラシはもらえます。哺乳瓶消毒のミルトンは入院している間に使うことができます。

 

面会もできず、カフェもやっていないのでコーヒーや紅茶が嬉しかったです。もちろんノンカフェインで用意されています。

 

そして何度もお世話になったのがこちらです。フットマッサージャー

妊婦検診の際に、浮腫むので指輪は外しましょうと言われていましたが、そんなことないだろうと疑ってギリギリまで外さずにいたら、先生に強めに言われたことがあります。そのくらい私は無知だったので、こんなにも浮腫むとは思ってもいませんでした。毎晩眠れないほど足が浮腫んで痛かったのです…。次に出産するときには着圧タイツは必須だなと思いました。

 

 

お風呂は共用のビューティースペースの中にあります。とても綺麗でした。

なんとここではペリエが無料でいただけます。

 

こちらはサンプルとしていただきました。

また退院時にもらえるものがこちらです。

4色から選べる愛和オリジナルのベビー服です。退院時の服を忘れてしまってもこちらを着て退院できます。

 

また、この中から1つプレゼントを選ぶことができました。とても嬉しかったです。

 

私の母がクリームのおくるみを持っていたのを覚えています。私が生まれたときにもらったのでしょう。

 

至れり尽くせりの入院生活でした。体は辛かったですが、ホテルのようにくつろげて嬉しかったです。また、おもてなし課の皆様は本当に優しく温かかったです。