mii lifestyle

フランスが大好きな30歳の毎日を綴ります

MENU

よよ出産の記録⑥〜産前産後の体の変化で辛かったこと〜

辛いと思うことはたくさんありました。マタニティライフを楽しんで!というような言葉をよく聞くけれど、そんな明るい気持ちだけでは全くなかったです。でも育児にも慣れて落ち着いてくると、かなり前の出来事だったような気もしてきます。乗り越えたことを忘れないようにここに記録しました。

 

 

出産は不安はありましたが、ママなら誰もが経験しているので、大丈夫だろうと漠然としたイメージのままでいました。

 

私は新婚旅行から帰ってきて落ち着いた頃、そろそろ子どもが欲しいという意見が夫婦で一致したため、妊活を始めました。ありがたいことにすぐに子どもを授かることができました。

 

こんなに早く妊娠できると思っていなかったので、全く気づきませんでした。

最初におかしいなと思ったのはもともとあまり良くない胃腸の調子がさらに悪くなったからです。私はもともと生理不順で、1ヶ月以上来ないことも普通にありました。PMDDがひどいこともあり、今回の体調不良もホルモンのせいなのかと思いました。そうであれば産婦人科できちんと検査してもらおうということで病院に行きました。

 

最初に行った病院では特に異常はなさそうとのことでした。もし子どもも考えているなら不妊治療も一緒にできるところで見てもらったほうがいいと言われたので、別の病院に行くことになりました。

 

体調不良はまだ続いていました。消化不良のような胃のもやもやが続き、便秘がさらにひどくなっていました。別の産婦人科を予約する前に、あれ?もしかして? 念の為にと妊娠検査薬を使いました。すると妊娠していることがわかったのです。本当に嬉しかったです。

 

 

それからは長い間つわりに悩まされました。

 

・食べ悪阻

車酔いのような気持ち悪さがずっとありました。私は吐くタイプではなかったので、入院するようなことはありませんでした。何か食べてないとだめで、太りたくないという気持ちが強く摂食障害ぎみだった私には、それによって太ることがかなりの苦痛でした。

 

むずむず脚症候群

夜中に起こることが多く、眠れませんでした。これはヤーズという薬を飲んでいる時にもでたので、ホルモンの関係で私にはこの症状が出やすいんだなと思いました。地味に辛かったです。

 

・便秘

高校生の頃からほぼ毎日刺激性下剤を飲むくらいの便秘でした。さらに悪化していました。(出産後これを飲まなくて良くなった話はまた後日^^)

 

・動悸

・頭痛

・微熱

 

妊娠初期にはこれらの症状がでました。私は管理薬剤師として1人で薬局をまわしていたので仕事がかなりきつかったです。当日休むことや、早退遅刻が難しかったので、医師に診断書を書いてもらい、2ヶ月休職することにしました。

 

妊娠5ヶ月に入るとかなり症状は落ち着き、予定していた結婚式も無事に行うことができました。妊娠後期に入るとまた胃腸の症状が出たため、たまに休みながら産休に入るまで働きました。

 

お腹が大きくなる妊娠後期よりも妊娠初期が辛く、さらに仕事もあるということを初めて知りました。電車通勤をしていたのでマタニティーマークは本当に助かりました。席を代わってくれる方がいることにとても感動しました。お腹が大きくなくても辛いということを義務教育で教えるべきだと思いました。

 

 

出産は無痛分娩でした。麻酔を入れたのは子宮口5cmほど開いた頃です。それまでは子宮が内側から弾けるんじゃないかという痛みがありましたが、耐えられないものではありませんでした。

私の経験した陣痛は、EMSを使ってマックスの強さで腹筋を鍛えるときのようなお腹の痛みです。泣き叫ぶような陣痛は経験しなかったので、出産に伴う痛みは辛いと思いませんでした。

 

 

一番辛かったのは妊娠初期のつわりと、なんといっても産後です。

 

・会陰切開の傷

会陰切開をして傷を10分かけて縫ってもらいました。ひどい傷ではなかったそうです。しかしドーナツクッションが欠かせませんでした。溶ける糸で抜糸がなかったこともあると思います。お手洗いに行くのが恐怖でした。

 

・会陰切開の傷が感染して膿んだこと

退院して育児もあるというのに、生きているだけで(動かなくてもという意味)痛みがありました。あまりに耐えられなくなったので病院に行きました。傷が膿んでおり、緊急手術(といっても切開ですが)になりました。麻酔もそんなに効かないのでかなり痛くて「痛い痛い」と泣きました(笑)その直後から椅子に座れるようになりました。医師に感謝です。

 

・手足の浮腫み

出産直後に急に始まります。こんなに浮腫んだのは初めてでした。早い時期から指輪は外すように言われていましたが、こんなことになるとは知りませんでした。足の浮腫みによる痛みで、入院中は夜眠れませんでした。

汚い写真で申し訳ありません。

 

乳腺炎

産後1ヶ月頃、急に発症しました。なんだか体がだるいと思っていたら38度の熱。その日の夜には39度になり、翌日産婦人科に行くと乳腺炎で、CRP9.1と炎症濃度も高く、3日間の点滴になりました。内服の抗生剤も併用しました。ちょうど旦那が海外

出張のため、しにそうになりながら育児をしました。乳腺炎CRPが高くなることがあるのだそうです。知りませんでした。

 

・母乳過多

私の乳首は扁平で赤ちゃんが咥えるには難しい形をしていました。乳首にも種類があることは母乳で育てようと思って初めて知りました。混合から完母になるまで頑張りましたが、辛いことが多く、3ヶ月の現在は完ミになりました。

息子がうまく母乳を飲めなかったので、搾乳することが多かったです。搾乳しすぎたため、すぐに母乳が溢れてきて服がびしょびしょになるので大変でした。出かけるときには授乳も搾乳も時間がかかりさらに大変でした。完ミにしたことで心も体もだいぶ楽になりました。

 

 

育児の辛さについては書いていませんが、体の変化だけでもいろいろとありました。知らないことばかりで、もう少し勉強するべきだったと思いました。

 

世の中のママたちは頑張っています(^_^)